綿棒浣腸を試してみよう!

辛そうなら綿棒浣腸をしてみよう!

赤ちゃんが便秘で辛そうなら、綿棒浣腸を試してみるのもいいかもしれません。ママの母乳を与えている時から便秘に悩むことはあります。ママが母乳の質を向上させたり、たくさんの母乳をつくろうと努力しても無理な時は無理なもの。また、体質もありますからこればっかりは努力しても無理なことも。家でできる便秘対策としてできるのが綿棒で「浣腸」をする方法です。

綿棒浣腸のやり方とは?

赤ちゃんが便秘な時にできる綿棒浣腸は、腸に直接刺激を与えるものなので、即効性あり。確実に腸マッサージをすることができます。赤ちゃんから浣腸をしてしまうとクセになってしまうかもと危惧するママもいるかもしれませんが、正しい方法でやるならそこまで怖くありません。習慣性になってしまうことが怖いという場合もありますが、家でもできるので方法を覚えておいてもいいでしょう。用意するのは大人用の綿棒。先を少しほぐして使い、そこにベビーオイルをたっぷり塗ります。ベビーオイルは赤ちゃんの保湿として使っている人もいるはずです。家にない場合は、保湿として使えるワセリン、オリーブオイルやサラダ油などを使うことができます。とにかく、綿棒をそのまま挿入するのではなく、滑りをよくするものを使うのが鉄則なわけです。おむつがえ用のシートか、捨ててもいい新聞紙をお尻の下に敷いて浣腸します。授乳や食事をした30分後くらいがねらい目で、腸の動きがいい時に、浣腸をします。肛門に綿棒をあててベビーオイルなどをたっぷり塗って挿入。頭が入ったら円を描いて刺激を加えて15秒~20秒。綿棒を引き抜きます。

クセにはならないもの?

気になるのは、一度綿棒浣腸をすることで、浣腸することがクセになるかどうかですが、毎日やったりしなければ気にする必要はありません。ただし、便が出たら浣腸はしなくていいので、あくまでも便秘で辛そうな時限定にしてください。便秘だと肛門が切れたりすることもあるので、それよりかはケアをして浣腸してあげた方がいいような気がしますよ。

参考 なぜ母乳の赤ちゃんが便秘になるの?